MENU

神社の結婚式の服装で友人とは女性でも別に洋装で構わない!

スポンサーリンク

ここでは、「神社の結婚式の服装で友人は何を選ぶのか」についてお話します。

 

神社での結婚式に参列したことはありますか?
最近は和婚ブームで、神社で結婚式を挙げる方も増えています。
でもいざ招待状が届いても、友人としてどのような服装をしていけばいいのか、
迷われる方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは神社での結婚式に参列する際、
友人としてどのような服装がふさわしいかについてご紹介します。

 

洋装で参列する場合は?

 

神社での挙式は和装が良いのかな…。
と思うかもしれませんが、洋装でも構いません。

 

ただし、女性の場合は露出はさけ、華美な服装も控えましょう。
肩が出るデザインのワンピースの場合は、
ボレロなどの「はおりもの」は必須です。

 

男性は礼服で出席するのがベターです。
ブラックフォーマルが間違いありません。
なかったとしてもダークスーツで出席しましょう。

 

また、男女共に靴を脱ぐ場合が想定されますので、脱ぎ履きしやすい靴であること。
女性の場合はストッキング、男性の場合は靴下にも気を配ることが大切です。

スポンサーリンク

神前式は親族の方のほとんどが第一礼装で出席されていると思われます。
友人であってもフォーマルな装いで参列して下さい。

 

着物で参列する場合は?

 

女性の場合は着物での参加を考えられている方も多いのでは?
神前婚に着物での参加は大変喜ばれますし、式自体の品格も上がります。
未婚の女性の場合は振袖を。
可能であれば中振袖や小振袖が無難かもしれません。

 

未婚でも30代の女性や既婚女性ならば、色留袖や訪問着が良いです。
色柄は落ち着いた色の、古典柄の着物が神社の雰囲気にも合います。

 

手荷物は最小限に!

 

ホテルや式場とは違って神社にはクローク、コインロッカーがありません。
手荷物はすべて持って動くことになります。
挙式中は動作も多く、手荷物が多いと何かと困ることが多いです。
荷物は最小限にまとめ、周りの人への配慮も忘れてはなりません。

 

このように、あまりかしこまりすぎることもありませんが、
フォーマルな場であることに間違いはありません。
友人として恥ずかしくない装いで参列し、お二人の門出をお祝いしましょう。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加