MENU

結婚式の服装で親族女性50代とは?

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で親族女性50代」についてお話します。

 

50代になると若い世代の親族の結婚式に呼ばれる機会が増えてきますよね。

 

結婚式への出席経験は豊富でも、
親族として出席する場合はどんな服装で行けばいいのか
悩まれる方も多いのではないでしょうか?

 

そこでここでは、50代女性が親族の結婚式に出席する際の
服装についてレクチャーします!

 

親族として気を付けるべきことは?

 

親族として出席する場合は、ゲストというよりもホストとしての
立場をとられる方が多くいらっしゃいます。

 

あくまでも、もてなす側だということを意識することが大切です。
ひかえめでありつつも、お祝いの席に相応しい装いを心がけてください。

 

また、新郎新婦の叔母として出席する場合は、ご両親の服装に準ずる必要があります。
新郎新婦のお母様が留袖を着る場合も十分考えられるのでよく確認してください。

 

親族に同年代の女性がいらっしゃるのなら、
その方と服装について打ち合わせしておくのも良いでしょう。

 

着物での参列!

 

留袖、もしくは五つ紋付の色留袖が通例です。
色留袖の場合、若いころに誂えた着物だと少し色目が鮮やかすぎるかもしれません。
若い頃とは肌の色や質感も変わっています。

 

お顔映えが良い色の着物を選んでください。
新たに誂えるのも良いですが、レンタルなどを賢く利用して
少し落ち着いた色合いの着物に、華やかな帯を締めるとお祝いの席に相応しくなります。

スポンサーリンク

洋装での参列!

 

落ち着いた色目のロング丈のワンピースが良いでしょう。
色目が落ち着いている分、素材や織地、刺繍などのディティールにこだわった物を。
ジャケットやボレロを羽織ると露出を押さえることもできるのでお勧めです。

 

胸元にブローチやコサージュを付けると一気に華やぎます。
アクセサリーはパールのものをつけるとお祝いの席に相応しい装いとなります。

 

フォーマルな装いに自信のない方はプロに相談!

 

50代ですと、少しフォーマルな場から縁遠くなっていた方も少なくないでしょう。
いざフォーマルな装いをしようと思っても、
なかなか自分では上手くコーディネートできないものです。

 

そんな時は、会場と提携している美容室やレンタルドレス店に相談してみましょう。
会場関係のスタッフならば、
普段その会場でどういった装いの女性が出席されているかを熟知しています。

 

出席する結婚式やあなたに相応しい装いのアドバイスをしてくれるでしょう。

 

アンチエイジングに話題が集中している昨今ですが、
あるアンケートでは、50代女性は年相応に輝きたいと
考えている方のほうが多いという結果が出ています。

 

親族としてのけじめも大事ですが、
いくつになっても輝きたいのは女性として当然の気持ちですよね。
また、50代の女性の素敵な装いは、若い世代の女性達の目標や憧れにもなるでしょう。

 

シックな装いながらも美しく、上品なコーディネートを目指して下さいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加