MENU

結婚式の服装で親族女性40代のキーワードはモノトーンカラー!

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で親族女性40代は何を選べば良いのか」についてお話します。

 

40代に入ると、親戚の結婚式への参加が多くなってきます。
友人枠でも職場枠でもなく、親族枠として参加する結婚式。
では、どのような服装で参加すると良いのでしょうか?

 

親族の結婚式で40代の服装とは?

 

友人の結婚式では、華やかな装いの洋服選びをお勧めしていました。
親族の結婚式では、落ち着いた装いをお勧めします。
キーワードはモノトーンカラーです。

 

着こなしやすいのがフォーマルワンピーススーツです。
上はジャケットを羽織り中に膝丈のワンピースを着こなすのがマスト。
ジャケットの襟は襟付きとノーカラー、どちらでも大丈夫です。

 

フォーマルのセット以外にはワンピースにボレロの組み合わせも良いですね。
また、袖付きのワンピースを1枚で着たりトップが、
シフォン素材のワンピースもお勧めです。
どのパターンでもスカートは「Aライン」にされると女性らしさを感じます。

 

お勧めの洋服の具体的な特徴とは?

 

色は黒ならばレースや透け感のあるもの、
花柄刺繍が生地に施されているものだと地味になりすぎません。

 

他にも、フォーマルワンピース以外ならネイビーやライトグレーもお勧めです。
ワンピースであれば、ウエストラインに、
リボンが施されているもは可愛さも残り、単調になりません。

 

ジャケットの素材はツイードが無難ですね。
ジャケットとワンピース(スカート)の色が違っていても問題ありません。
ただし、ちぐはぐにならないように上下のセットアップで購入するか、
上下の相性が良いか気を配る必要があります。

スポンサーリンク

ワンピースにボレロを羽織る時は、
やはりワンピースの色は上記に挙げた色を選ばれると失敗しません。

 

ワンピースもボレロも無地だと地味になりがちなので、
ワンピースの生地は光によって柄が見えるものや、
ラインストーンやパールの飾り物があるデザインだと華やかさがプラスされます。
小技を効かせましょう。

 

着物を着るシーンで気をつけることは?

 

近しい親族ならば、着物での列席もあるでしょう。
その際は必ず一緒に参加する家族に相談されてください。
着物は、パッと見ただけでも格が高く見えがちなので、
自分は和装を着るべきか着ても大丈夫か確認が必要になります。

 

詳しくは「結婚式 服装 女 着物」でお話していますので、ここでは詳細を省きます。
ご自分の着る着物のタイプが決まったら次は選ぶのですが、
いざ購入となるとお値段的なことも出てきます。

 

洋服を買うのとは訳が違うので、あまり着る機会の無い方には、
着物レンタルサービスをお勧めします。

 

結婚式会場でも行っているところもありますので、
実際に生地を確認できて試着できるのが嬉しいところ。
もしくは専門のレンタルショップに出向くのもお勧めです。

 

直接着物のいろはを聞けるのも勉強になりますね。
呉服屋の通信販売でも取り扱いがありますので、
そちらも利用されてみてください。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加