MENU

結婚式の服装で親族60代とは?

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で親族60代」についてお話します。

 

60代の皆さん。
60代は結婚式のマナーについて知っていて当然な雰囲気、感じませんか?
ですが少子化が進む中、昔ほど60代で結婚式に参列する機会は多くはありません。

 

また、以前とは違う結婚式の傾向があるのも事実です。
正直マナーがあやふやで…といった60代の方は意外と多くいらっしゃいます。

 

ここでは60代の方が出席する機会の多い、
親族の結婚式での服装のマナーにスポットを当ててご紹介します。

 

男性はディレクターズスーツもしくはブラックスーツで!

 

ディレクターズスーツとは、シングルかダブルの黒いジャケットに
グレーのストライプ地で裾がシングルのスラックスの組み合わせをいいます。
ブラックスーツよりもワンランク格の高い装いになります。

 

ネクタイはシルバーグレー、もしくは白黒の縞の結び下げを合わせます。
アスコットタイもおしゃれでしょう。

 

ブラックスーツの場合はシングルかダブルの黒ジャケットと、
ジャケットと共布で裾がシングルのスラックスを合わせます。

 

ネクタイは白地に折柄が入った物や、シルバーグレー、
淡い色の無地や折柄が入ったものが無難です。

 

シングルのジャケットの場合は三つ揃えでベストを組み合わせると
フォーマル度が上がります。

 

どちらの場合もシャツは白無地で、
襟はレギュラーカラーかウイングカラーの物を選びましょう。
靴は黒のストレートチップを選びます。

スポンサーリンク

女性は洋装、和装どちらでも!

 

洋装ならパーティードレスやフォーマルなワンピース。
和装なら、訪問着、叔母として出席するなら黒留袖か色留袖を着ると良いでしょう。
着物に慣れていない場合は洋装を選ぶのがベターです。

 

着慣れない服を着ていると、知らず知らずのうちに疲れは溜まってしまうもの。
フォーマルな場とはいえ、無理は禁物です。
洋装の場合も上質で身体に合った着心地のよいものを選びましょう。

 

色留袖、訪問着の場合は淡い、お顔映えがする色目の物を選びましょう。
柄も広く入ったものではなく、控えめで低い位置にあるものが上品です。

 

洋装の場合は黒やグレーよりも、少し色目がついた上品な色あいを選びましょう。
例えば深めのゴールド系のベージュや落ち着いた紫に近いピンクなどがお勧めです。
靴はヒールが低めのパンプスを選び、アクセサリーはパールを選べば間違いありません。

 

最近の結婚式は略礼化が進んでいるものの、
お家柄によってはまだまだ格式を重んじる場合もあります。

 

親族として出席する場合は、親族間でどういった服装で出席するのか
事前に打ち合わせをしておくことも大事だと言えます。

 

親族のおめでたい席です。
服装の心配を無くして、晴れやかな気持ちで結婚式に出席してくださいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加