MENU

結婚式の服装で女のスーツはお手軽にネットでレンタルできる!

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で女のスーツは何を選ぶのか」についてお話します。

 

結婚式に参加するとき、必ずしもパーティドレスを、
着用しないといけないわけではありません。
フォーマルスーツを着て、こなれたお洒落をしてみましょう。

 

女性がスーツを着る際にいくつか
ポイントがありますので下記にご紹介しますね。

 

どんなことに気をつけてスーツを着たら良いの?

 

まず「結婚式 服装 女 30代」にもあるように最低限のマナーを守ることが前提です。
そして、スーツと言うと今の日本では、
「仕事着」というイメージが強くあるのが事実です。
ですから「仕事感」が出ないように気を配ることが大切です。

 

どんなに高級なスーツを着てもシックな黒に、
インナーが白のチューブトップであれば、
「あれ?!仕事帰りかな…?」と思われかねません。

 

せっかく結婚式をお祝いしたくて着用したのに、
そう思われてしまっては本末転倒です。

 

色味は白に近くないもの、柄物のカジュアルなスーツ以外をお勧めします。
やはり、結婚式に参列するので、華やかさは必須です。
カチッとしたかっこいいデザインではなく、
女性らしいフェミニンなデザインが良いですね。

 

スーツのジャケットはなるべく短め丈で、スカートはAライン、
もしくは、王道の台形スカートも良いのです。
また素材もレース感があったりフリルが付いていると、
より一層華やかに見えますよ。

 

野暮ったくならないための小物使いとは?

 

胸にコサージュ、これは必須です。この一つがあるだけで、
お顔の印象も着ている雰囲気も華やかになってきます。
コサージュと一口に言っても、
専用の売り場には大小カラフルで種類が豊富にあります。

スポンサーリンク

ご自分の持っているスーツに一番似合う、
コサージュをセレクトされてくださいね。
ただし、派手になりすぎたり、生花で豪華にすると、
新郎新婦より目立ちかねないのでご注意を。

 

バックは流行のクラッチバッグかミニバックが良いですね。
小さいほうが仕事感が減り、女性らしさがプラスされるんです。

 

「なかなか荷物が入らない…」とお悩みの方も多いかと思いますが、
ご祝儀の袱紗は今は柄物やカラフルな可愛い物も出ているので、
お洒落な袱紗で手持ちでも大丈夫ですよ。

 

最後に一番肝心と言っていいアクセサリーです。
パールが一番良いのですが、もしスーツが黒でアクセサリーが、
白の一連パールなら、もはや遠目から見た感じは、
「お葬式」になってしまいます。

 

ですから、スーツの色は黒を避けた方が無難です。
ブラックパールは絶対避けてくださいね。
アクセサリー選びでは、気持ち華やかなものにされることをお勧めします。

 

スーツのメリットとは何なの?

 

何と言っても、露出が少ない事が嬉しい点ですよね。
日常で着慣れていないドレスより、
普段の洋服に限りなく近いので「安心感」があるものです。

 

そしてスーツならでは7・9・11・13号……とサイズが選びやすいです。
近年では結婚式用の衣装をレンタルする方も増えています。
レンタル専門店に直接行って試着できる環境であれば問題ないのですが、
ネットでレンタルサービスを利用される方には嬉しいサイズ表記ですね。

 

ドレスだと2〜3cm単位でも胸元などは重要になってきますからね。
スーツであれば少々のサイズ誤差はカバーできます。

 

もし貴女が「冷え性」ならばスーツはもってこいのアイテムですね。
どうしてもドレスは生地が薄く、肩や首元が出ているため、冷えやすい傾向にあります。
スーツならそこの心配は要りません。

 

これは冷えの悩みを抱えている人にしか分からないかもしれませんが、
重要なポイントになります。

 

スーツとは、地味にならないこと・仕事感を出さないこと・お葬式を連想させないこと、
この3つに気をつければ、良いこともたくさんあり、着回せる万能な服装なのです。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加