MENU

結婚式の服装で女の着物は種類が多い!一般男性には分からない

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で女の着物は何を選ぶのか」についてお話します。

 

着物を着て結婚式に出席されたことはありますか?
着物を着ていくと、場が華やかになりとても喜ばれます。

 

その一方で、「どんな着物を着て行けばいいのか分からない」
といった悩みがある方も多いのではないでしょうか?

 

せっかく着物を着ていくのなら、
マナーを守って気持ち良く着たいですよね。
ここでは、結婚式の服装での女性の着物の種類についてご紹介させていただきます。

 

黒留袖・色留袖

 

黒留袖とは、既婚女性の第一礼装で、
黒地に染め抜きの五つ紋を付けた絵羽袖模様の着物のことです。
この着物を着るのは両家の親族をはじめ、仲人夫人になります。

 

色留袖は、黒地以外の色地の裾模様の着物で、未婚の方でも着ることができます。
五つ紋のほか、三つ紋、一つ紋があり、紋の数で着物の格が決まります。
五つ紋付の色留袖は、黒留袖と同格の第一礼装となります。

 

三つ紋、一つ紋の場合は、親族以外の結婚式に来ていきましょう。
友人の結婚式に出席する場合、色留袖を着て行けばまず間違いはありません。

 

訪問着

 

訪問着とは、胸、肩、袖、裾に模様がつながるように染めた着物のことをいいます。
友人の結婚式には訪問着に袋帯を合わせると、きちんとした印象が持たれるでしょう。
気を付けたいのが、紬地の訪問着です。

スポンサーリンク

「紬」はどちらかというと普段着の印象が持たれてまう素材です。
晴れやかな結婚式に紬の訪問着を着ていくと、
人によっては良くない印象を持たれる方もいらっしゃいます。

 

友人同士の二次会などには良いかもしれませんが、
結婚披露宴では避けるべきだと言えます。

 

振袖

 

振袖は未婚女性の第一礼装で、袖丈の長い着物です。
袖丈の長さによって大振袖、中振袖、小振袖があります。

 

「未婚女性」の第一礼装ではありますが、
原則として結婚式で着られるのであれば、
「20代の未婚女性」と考える方が良いでしょう。

 

重ね襟を合わせ、帯結びを立て矢結びやふくら雀などで、
コーディネートすると華やかです。

 

色無地・江戸小紋

 

色無地は黒以外で一色染めにした無地の着物をいいます。
江戸小紋は極小模様の型染めの着物で、一色染めの着物のことです。

 

これらの着物は結婚披露宴には向きませんが、
友人同士の二次会に着ていくのには良いでしょう。
帯や小物で、個性的で華やかに装うと素敵です。

 

以上が結婚式の服装での「女性の着物」の種類です。
場に合った装いをすることが、その人の礼儀や人格に通じることもあります。
しきたりなどに厳しい家柄の方の結婚式であればなおさらでしょう。

 

どういう方の、どういう結婚式に出席するのかによって、
着物の種類を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加