MENU

結婚式の服装で女50代とは「品」をメインとするのが大事!

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で女50代は何を選ぶのか」についてお話します。

 

招待状を受け取った時にまず頭に浮かぶのが、
当日の服装をどうしようかということではないでしょうか?
50代女性は一番に「品」をメインとするのが大事ですね。

 

品とは気品・上品など成熟した女性の「華」を輝かせることです。
では、具体的に結婚式の招待を受けたときに、
どのような服装を用意すれば良いかご紹介します。

 

50代にお勧めの服装とは?

 

50代になると結婚式への列席経験も多くあるので、
マナーは常識として備わっていて当然な年代です。
常識の中の常識かもしれませんが
結婚式 服装 女 30代」にもあるように、非常識なマナーは避けたいものです。

 

服装の種類としては、ジャケット・スカート、
ワンピース・ツーピースが基本となってきます。
入学式の母親を想像してください。
丈感や色が違うものの、とてもよく似ています。

 

その雰囲気に更に落ち着いた雰囲気を足したものが、50代にお勧めの服装です。
40代までのヒラヒラふりふりした華やかなデザインから変化し、
カチッとしたシックなものが主流になってきます。
露出が少なくなるように気を配るのも50代のお呼ばれマナーです。

 

色はネイビーやライトグレー、ベージュ、
光沢のあるブラックを中心に選ぶと良いでしょう。
その他の色も専門店に行くと上品な色が揃っています。

 

新たに揃える時は、10年着れるようなデザインをイメージしてみてください。
そうすることによって、若すぎない落ち着いた装いを選べますよ。

 

身に着けるアクセサリーと小物の特徴は?

 

アクセサリーは現代では金属のものも、
よく付けられていますが、やはりパールが王道です。
イヤリングもパールにしてセットで付けるとお洒落で良いですよね。

 

一連が当たり前という地域、二連・三連は繰り返す意味合いで、
マナー違反とされている地域、一連はお葬式を連想させるので
駄目…。と地域や仲間内の見解も違ってきています。

スポンサーリンク

念のため、可能ならば会場に二つのパターンを持って行くと
安心ですね。必ず避けてほしいのがブラックパールです。
こちらは地域関係なく常識としてあるものです。

 

華やかですが毛皮も控えましょう。
殺生を連想するという意見が多い中、毛が飛ぶのが気になる、
アレルギーがある…、などと好まれるものではありません。

 

小物でお勧めのものは、スカーフやコサージュです。
さりげなくそっと添えて落ち着いた服装に少し華をもたせましょう。
こういった小物が映えるのも50代の女性ならではです。

 

あと、寒いからと言ってタイツはマナー違反になってしまいます。
肌色のパンティストッキングを着用されてください。

 

年相応になるためにできることは?

 

年相応になるために大切なことは、サイズ感・丈感・素材ですね。
ご自分の体型に合った服装を選び、
ゆったりし過ぎずピッタリしすぎないちょうど良いサイズを選ぶことで
洋服を着こなしているという大人の余裕すら感じます。

 

丈は膝を隠すことが必須です。
ワンピース・ツーピースともにロング丈も似合うのは
50代の品格ある女性の証拠です。

 

形は控えめなAラインかゆったりな、
マーメイドラインも上品でお勧めです。

 

最後に素材ですが、専門店に行くと“オールシーズン対応”
という素材もあるのが嬉しいところですね。
どんなシーンにも合うのがツイード素材。高級感と上品感を得れます。

 

ジャケットをツイード素材にしておくと、まず間違いないですよ。
お値段的なこともありますので、フェイクな物でも最近はしっかりしています。
他にもコットンやウールなどありますので、
お店に行って試着をした上でお気に入りの一着を選ばれてください。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加