MENU

結婚式の服装で女40代はオトナ女子のエレガントさを発揮する!

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で女40代は何を選ぶのか」についてお話します。

 

40代になると“オトナ女子”突入です。
独女のあなたは上品かつセクシーにお洒落できます。

 

結婚や子育て中の方も増えてくる年代なので、既婚者の方は
落ち着いたオトナの女性の服装をお勧めします。
では、どんな服装で結婚式に参加したら良いかをご紹介します。

 

40代にふさわしい結婚式の服装とは?
結婚式 服装 女 30代」でもお話ししましたが、
洋服の色や足元には特に要注意です。

 

そして、40代となると今までの20〜30代での可愛らしさから
卒業して、オトナのエレガントさが最大に発揮できる年代です。

 

見せすぎるのはいやらしくなってしまうので、隠れチラ見せをお勧めします。
例えば、袖付きタイプだけど袖部分がレース素材で透けていたり
シフォン素材で揺れる生地だったりドレープがあると上品でエレガントですよ。
隠しているんだけれど女性らしいのは同姓から見て好感が持てます。

 

色味のお勧めは、紺・深緑・ボールド・ピンクベージュなどです。
洋服が明るい色なら小物は暗い色で合わせると上手くまとまります。
原色も着たくなってしまうでしょうが、深みのある色をお勧めします。

 

オトナ女子の服装とは?

 

結婚式への参加なので自分が目立ちに行くわけではないけれど、
やはりお洒落して参加したいですよね。
オトナ女子の鉄則は「3つの首」を出すことです。手首、足首、首(鎖骨)です。

 

つい隠したくなるときもあるかもしれませんが、
この3ヶ所を意識して、少しだけ見せましょう。
大胆な見せ方や派手な洋服のデザインは浮いてしまうので注意です。

スポンサーリンク

そして自分に合ったヒールを履くことも忘れないで。
結婚式にペタンコ靴は、何らかの事情がない限りマナーとして避けたいものです。
かと言って、10cm以上のピンヒールが良いとも限りません。
その辺りの塩梅も40代ならでは、臨機応変にできるものです。

 

そして、控え目だけど、華やかに見えるところを狙いましょう。
アクセサリーもワンポイントに入れるといいですね。
そんな上級テクを使って素敵な結婚式のお祝いをしましょう。

 

ママや落ち着いた女子の服装とは?

 

子育て中や妊娠中での結婚式への参加もあるでしょう。
妊婦や産後であれば無理にヒールのある靴を履いたり、
普段より露出した服装で無理することありません。

 

体調が第一です。
それと同様にお祝いする気持ちが伴っていれば、
マナーは二の次で大丈夫です。
どのママにも妊婦さんにも共通することです。

 

妊婦は花嫁と事前の打ち合わせが予想されるので
その際に服装についても一言花嫁に伝えていれば、
行き違いもないのでお勧めです。

 

結婚式のゲストの服装は、割と露出があるのも事実です。
ここでの露出とは肩や腕を出したり足を出したりすることです。
普段、そういう服装から遠くなっていて恥ずかしく感じる方は、
無理に頑張らなくても良いんです。

 

お洒落なデザインで五分袖タイプのワンピースもたくさん出ていますし、
肩が隠れるデザインなら羽織ものを脱いだときに戸惑うこともありません。

 

スカートもひざ下丈のものも沢山ありますし、
スカートの裾がシフォンやレースなど透け感のあるものなら、
足首上の丈でも重たくならないのでお勧めですよ。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加