MENU

姪の結婚式の服装で40代とは新郎新婦の両親の服装に準ずる事!

スポンサーリンク

ここでは、「姪の結婚式の服装で40代は何を選ぶのか」についてお話します。

 

40代に入ると、姪っ子さんや甥っ子さんの結婚式が増えてくる時期です。
叔父、叔母としての立場で参列する結婚式は初めて…という場合、
着ていく服装に悩まれる方は多くいらっしゃいます。
特に女性は嫁ぎ先の結婚式である場合、悩んでしまいますよね?

 

そこで今回は、40代男女が姪っ子、
甥っ子の結婚式に参列する際に間違いのない服装についてご紹介します。

 

他の親族の方と合わせた服装を!

 

立場上、新郎新婦のご両親の服装に準ずることを忘れてはいけません。
お身体に不自由があったり、体調などと相談して無理ではない場合は、
他のご親族と格式を合わせていくのが間違いないでしょう。

 

例えば女性の場合、お義姉様が準礼装なのに義妹であるあなたが、
第一礼装の留袖では、お義姉様の立場がありませんよね?

 

格式を重んじる家柄の方であれば猶の事。
一緒に参列されるご親戚の方達に、
どんな服装で参列するのかしっかりと相談してください。

 

洋装の場合は?

 

女性の場合、フォーマルのアンサンブルや、アフタヌーンドレスが良いでしょう。
スーツスタイルはいくらドレッシーであっても、叔母として避けた方が無難です。

スポンサーリンク

40代だとまだお若いので、少し明るい色目のドレスを選びましょう。
黒や紺でも問題ないですが、暗くなりすぎないように小物などで、
華やかさをアップさせて下さい。

 

パールのアクセサリー、上品なコサージュなどを合わせると華やかになります。
男性の場合はブラックのフォーマルスーツを着用してください。

 

和装の場合は?

 

女性の場合、ご親戚の方々が全員黒留袖なら、あなたも黒留袖にされるべきです。
黒留袖は既婚者であれば年齢に関係なく第一礼装です。
お母様より控えめな柄を選ぶように気を付けましょう。

 

40代でしたら華やかな色留袖、訪問着でも良いかもしれません。
訪問着の場合、お祝いの席に相応しい吉祥文様柄を選びましょう。
この場合、準礼装になるので他の親族の方にもご確認を。

 

男性の場合、始終和装での婚礼で、新郎新婦はじめご両親が和装の場合は、
叔父であるあなたも和装を着たほうが良いです。
その場合は三つ紋付の羽織袴です。

 

ただ最近は、お色直しなどで洋装も着られることが多いので、
多くの場合はブラックのフォーマルスーツで問題はありません。

 

最近は親戚であっても略礼装で参列する結婚式が増えてきているのも事実です。
ですが、大人としてまず守るべき結婚式でのマナーがあります。
ご自身やお相手の家柄などを考慮して、相応しい服装で参列したいですね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加