MENU

結婚式の服装で男性ストライプとは原則NG!マナー違反になる!

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で男性ストライプは何を選ぶのか」についてお話します。

 

最近は結婚式に出席される男性の服装もおしゃれなものが多いですね。
けれども結婚式とはフォーマルな場。
おしゃれの前に、マナーを守ることが第一です。
ここでは、特に多いストライプスーツの悩みについてお答えします。

 

結婚式でのストライプ柄のスーツはNG!?

 

結婚式でストライプ柄のスーツは、基本的には着用しないほうが無難です。
なぜなら一般的に、柄物はフォーマルではない、と考えられているからです。
結婚式は礼服で出席するのが基本です。

 

基本は黒のスーツで、略礼装として濃紺や、
チャコールグレーを着用する場合もありますが、
どういった立場で、どのような式に参列するのかを考えてスーツを選びましょう。

 

親族として出席する場合や会社関係など、格式を重んじる厳かな結婚式の場合は、
ストライプのスーツを着用するのは避けるべきです。
主賓の席に近い場合や、スピーチをする立場ならば、
きちんとした礼服で出席するのがマナーです。

スポンサーリンク

結婚式でもOKなストライプ柄とは?

 

ストライプ柄のスーツを選ぶのであれば、
目立たないような薄いストライプを選びましょう。
近づかないと分からないくらいのストライプ柄がベターです。

 

友人の結婚式や2次会で着用する場合も、新郎より目立つのはNGです。
柄の強いストライプや、地の色が明るいグレーなどの白に近い色は避けましょう。
大人の男性として、常識のある装いを心がけて下さい。

 

ストライプスーツに合わせるシャツ、ネクタイ、小物は?

 

結婚披露宴で着用する場合はシャツは基本的に無地の白、
もしくは薄い色のドレスシャツが基本です。
ネクタイも白かシルバーを合わせ、全体的にフォーマルな装いになるようにして下さい。

 

濃紺やチャコールグレーのジレを合わせたり、
ネクタイに合わせたチーフを用いることでドレスアップもできます。
カフスや、ジレを着用しないのであればネクタイピンに凝ってみても良いです。

 

結婚式でのおしゃれとは、ルールを破ってまでするものではありません。
マナーの範囲内で、自身に合ったスーツを着こなしていることが、
結婚式でのおしゃれと言えるでしょう。

 

結婚式は新郎新婦が主役です。
自身が目立つのではなく、お二人の門出を祝うために、
出席する立場であることを忘れないことが大切ですね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加