MENU

結婚式の服装で男性のグレーとは?

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で男性のグレー」についてお話します。

 

結婚式への招待状。
平服で来てくださいね、と書かれているけれどもどこまでが平服??

 

「少しおしゃれもしたいけれど、マナー違反もしたくない…。」

 

ここではそんなあなたにオススメな、グレーのスーツについてご紹介します。

 

グレーのスーツは結婚式でも着られるの?

 

結婚式の服装と言えば、ブラックのフォーマルスーツを
まず最初に思い浮かべるのではないでしょうか?

 

しかし最近は、友人の結婚式や、
格式の高い式以外ではグレーや濃紺のスーツを着てもOKな場合が増えています。

 

特に独身の若い男性が着用されることが多いようです。
グレーのスーツはほどよくフォーマルに着られるので便利ですし、
そのまま2次会に参加するのにも向いています。

 

もちろん、マナーや式全体の雰囲気など、
考慮しなければならないルールもありますので、
迷った場合は新郎新婦に聞いてみましょう。

 

グレーにも種類がある!

 

一口にグレーといっても、明るいグレーから、
深い黒に近いようなグレーまで様々です。

スポンサーリンク

あまりにも明るいグレーや、光沢感のある生地にしてしまうと、
新郎とかぶってしまう可能性も…。
いくらおしゃれでも、主役より目立ってしまうのはマナー違反です。

 

悪い意味で目立たないためにも、ダークな色あいを選びましょう。

 

マナー違反にならずにおしゃれに着こなすには?

 

スリーピースで揃えてみましょう。
男性のフォーマルスーツは本来スリーピースが基本です。
所謂、三つ揃いというものですね。

 

ジャケット、ウェストコート(ベスト・ジレ)、トラウザーズ(ズボン)のことです。
以前は略礼化が進んでウェストコートを着用しない方が多かったのですが、
最近では若年層を中心に、着用する方が増えています。

 

同じ生地で仕立てたスーツがスリーピースの基本ですが、
ウェストコートを違う色にしても構いません。
おしゃれなりますし、何よりフォーマル感が増します。

 

薄く色のついたドレスシャツや、ネクタイを合わせると、
よりエレガントにきまります。
小物にもこだわってワンランク上を目指しましょう。

 

グレーのスーツは、小物との色合わせもしやすいので
1着あると便利に使うことが出来ます。
この機会に、ぜひ挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加