MENU

結婚式の服装で60代女性とは上品な装いを心がけること!

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式の服装で60代女性は何を選べば良いのか」についてお話します。

 

人生の酸いも甘いも噛み分けて、その人そのものが現れてくるのが60代。
上辺だけのその場しのぎの装いは、かえって悪目立ちしてしまいます。

 

けれども、この年代の女性は結婚式に久しぶりに出席される方が多いのも事実です。
どんな服装で出席しようか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?
ここでは、60代の女性が結婚式の服装を選ぶときのポイントを紹介します。

 

年齢と個性に合わせた女性らしさを演出!

 

フォーマルな場で生活感がにじみ出てしまうのは避けたいところですよね。
その人に合った、個性が一層引き立つような品の良い装いをすることが大切です。
まず、大前提として自分のサイズに合ったドレスを選びましょう。

 

大きすぎ、小さすぎは60代の女性には致命的です。
ドレスの色も、肌や髪の色に合ったカラーを選ぶことが大切です。
地味な色や顔色が悪く見える色は、年齢を老けて感じさせてしまいます。

 

顔の色が明るく見えるものを選びましょう。
また、露出のし過ぎにも注意。
スカート丈が短すぎたり、肩が出ているデザインは控え、
あくまでも品良くまとめることが大切です。

 

着物に慣れている方は着物を着て行かれるのもお勧めですが、
慣れていない方は余計に疲れてしまう場合も…。

スポンサーリンク

素材にこだわる!

 

安易に安いドレスを買うと、生地がペラペラだったり、
イミテーションの飾りがおもちゃみたいだったりと、
60代の女性にとっては必要以上に安っぽく見えてしまうことも…。

 

年齢に合った上質な素材のものを選びましょう。
生地の良し悪しで、同じ色であっても発色の良さや顔映りが全く違います。
シルクやジョーゼットなどが特にお勧めです。

 

とはいっても、なかなかフォーマルな場に出席する機会がない場合、
上質なドレスは少し高価かもしれません。
そういう場合は、レンタルといった手もあります。賢く利用しましょう。

 

アクセサリーや小物にも気配りを!

 

控えめでありつつも、上品なアクセサリーを身に付けましょう。
パールのネックレスは最適です。
胸元にコサージュやブローチなどを付けても良いでしょう。

 

バックはクラッチバックが正式ですが、ハンドバックでも構いません。
落ち着いたゴールド系や、ブラックがお勧めです。
靴も同じく、落ち着いた色味の物かブラックのパンプスを選びましょう。
また、ハンカチなどの持ち物にも気配りを忘れないようにしましょう。

 

人生の先輩として、若い年代の女性達に「素敵!」「ああなりたいな!」と、
思ってもらえる様な「上品な装い」を目指してくださいね!

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加