MENU

結婚式2次会の服装で女性の冬物はセミフォーマルなワンピース

スポンサーリンク

ここでは、「結婚式2次会の服装で女性の冬物は何を選ぶのか」についてお話します。

 

結婚式の2次会へのお呼ばれ…。
披露宴よりフォーマルでなくて良いものの、
あまりカジュアルダウンしすぎるのも考え物です。

 

特に冬は寒いので、どうしても防寒について考えてしまいますよね?
そこで今回は結婚式2次会の服装で、特に女性の冬物についてまとめてみました。

 

どんな服装で行くのがいいの?

 

披露宴ではないとはいえ、新郎新婦の職場の方や友人達が揃うのが2次会です。
マナー違反はそのまま新郎新婦への評価に繋がってしまいます。
どれだけ気心がしれた仲の良い友人のパーティーだったとしても、
お二人の門出を祝うお祝いの席なので、きちんとした服装で出席しましょう。

 

お勧めなのはセミフォーマルなワンピースやパンツドレスです。
披露宴の時よりアクササリーを華やかにしてみるのも良いですが、
花嫁よりも目立たないように気を付けましょう。

 

露出の多い服装は控えるか、
なるべくボレロやショールなどで調整し、
あくまでも品のある服装を心がけることが大切です。

スポンサーリンク

冬らしい装いとは?

 

素材はシルク、サテン、ベロアなどの光沢のある物がパーティーらしく、
季節感も出てお勧めです。
小物にニット素材の物を組み合わせてもオシャレですが、
カジュアルにならないように気を付けましょう。

 

アクセサリーや小物で華やかさをプラスすれば、
パーティーらしい装いになります。
色は深い、落ち着いた色味が良いでしょう。

 

その年の冬のトレンド色を取り入れるとオシャレです。
是非チャレンジしてみてください。

 

冬は寒いし防寒したいんだけど…?

 

いくら寒くてもブーツや黒タイツ、カラータイツはNGです。
足元が寒い場合は、パンツドレスやラメの入ったタイツ、
ストッキングなどを着用しましょう。

 

また、ファー素材の物も殺生をイメージさせるのでNGです。
素材にニットや、シルク、ベロアなどの保温性のある物をチョイスすると暖かいし、
季節感も出すことが出来ます。

 

また、ジャケットを組み合わせるのもお勧めです。
ドレッシーなサロペットやパンツドレスにジャケットをプラスすると、
クールに着こなせます。

 

確かに2次会は結婚披露宴よりは「オシャレの自由度」が増します。
でもだからといって、何でも着ていいわけではありません。
あくまでも公の場として考えて、場にふさわしい装いを心がけましょう。
その上で、季節感を大切に、女性らしいオシャレを楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事の内容はお役に立てたでしょうか?

もし、あなたのお役に少しでも立ったのであれば
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加